QRコード

有機栽培(オーガニック)の定義

有機栽培(オーガニック)の定義


 
有機栽培は、農林水産省の有機JAS規格において、原則として2年もしくは3年以上農薬または化学肥料を使っていない田んぼや畑で栽培された農産物とされています。
原則としては農薬や化学肥料を使うことは出来ませんが、作物が重大な危険に陥ってしまった場合は、有機JAS規格が定めている安全性が滝農薬や微生物を使った製剤などの一時的な使用は認めています。
この有機栽培や有機農産物という言葉は、有機JAS規格から認定を受けた農業者しか表記することが出来ません。

 

有機栽培の方法


有機栽培を行うためには、農薬や化学肥料は使わないため、作物の生育を安定させることは難しいのですが、堆肥や米ぬかといった昔から利用されている有機質肥料、朽木や落ち葉を利用した腐植、微生物を利用した土づくりなどを行うことにより、きちんと作物は育てられ、安全で美味しい農産物が食べられるようになるのです。

有機栽培にとって一番ネックとなるのが虫や病気とどう闘っていくかが問題となるでしょう。
そういった際は、防虫ネットやなどを利用した物理的な対策や、相性の良い作物同士を一緒に栽培するコンパニオンプランツ、害虫に効果的な天敵を畑に放ち害虫の数を減らす方法など、様々な方法で農薬や化学肥料を使わずに作物を育てることは出来るのです。

 

有機栽培と無農薬栽培の違い



有機栽培の場合、2年または3年以上農薬などが使われていない土壌で作られた作物を言いますが、無農薬栽培は栽培期間中に農薬などを使っていない作物となります。
無農薬栽培だと一切の農薬や化学肥料は使えませんが、有機栽培だと緊急時に一時的に農薬などを使うことが許されています。そのため有機栽培だからといって農薬などは使われていないというのは間違いです。

しかし、有機JAS規格で安全性が高いと認められた農薬だけが使われるので、普通に栽培された農産物よりは安全性は高いと言えるでしょう。
このような表示を見極めて、安全で美味しい農産物を購入しましょう。