産直活性化アドバイザー
旬って何?

旬の食卓便について
旬のクッキング
食材トピックス

お客様の声
カテゴリー
今月の「旬」のおすすめ品
旬の野菜
旬の果物
肉・肉加工品
魚・加工品
米・パン・穀類など
調味料・発酵食品 ドレッシング、ソースなど
ジュース、ジャム、お茶、菓子
自分で作ろう!季節の手作りコーナー
防災食・その他
調理器具
  • 食器類[準備中]
  • キッチン雑貨[準備中]

  • 業務用の方はこちらへ!

    ↑準備中

    疲労回復・冷え性・食欲不振
    美容・便秘ダイエット
    精神安定・不眠症
    血液サラサラ、肩こり、頭痛
    アンチエイジング
    むくみ解消・利尿効果
    ブログ
    当店の休日は土日祝祭日です。その他、夏季と年末年始は休日となります。
    2017年 05月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31    
    今日
    2017年 06月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    QRコード

    無添加食品とは

    無添加食品の定義





    一般的な定義として、食品衛生法で定められた添加物を含んでいない食品を無添加食品と言います。
    しかし、無添加の表示に関しては、未だにハッキリとした決まりが存在していません。
    つまり、無添加食品と謳っている食品でも、場合によっては完全に無添加でない場合があるのです。

    例えば、食品衛生法において保存料と定められている成分は複数ありますが、もちろん表示されている保存料以外にも保存料として使用できる成分があります。
    要するに、現在はまだ食品衛生法で規制されていない保存料を添加し、「無添加」と謳っていることがあるということです。
    他にも、その食品自体に添加物を使用していなくても、その食品を製造する上で用意した原料に添加物が含まれている場合があります。この場合、出来上がった食品を無添加と謳っても違法にはなりません。
    このように、未だに無添加食品の定義には穴がありますが、今後もさらなる協議を重ねて無添加食品の定義は徐々に固まることでしょう。

     

    添加物が入っていないことで得られるメリット



    添加物が入っていないことで得られるメリットは、「病気のリスクを押さえることができる」ということです。
    俗に言う化学添加物と呼ばれる添加物は、発色や風味を良くするために使われることが多いのですが、そのほとんどが人体には不必要である成分を含んでいます。

    もちろん、法律によって使用する量は厳重に守られているため、食品一つひとつに含まれる添加物の量は多くはありませんが、それを継続して大量に摂取し続けることで人体には確実に蓄積されていきます。
    そうして溜まっていった添加物が次第に病気として表面に出てきてしまう可能性があるため、できる限り無添加の食品を摂取することが望まれるのです。

    他にも「食材そのものの味が分かる」という点もメリットに挙げられます。
    余計な化学添加物が含まれていないため、その料理や食材一つひとつの味わいをしっかり感じることができ、本来の美味しさを実感することが出来ます。
    安全と美味しさを兼ね備えた無添加食品をぜひ味わってみてはいかがでしょうか。