和歌山の最高級の無農薬南高梅を使い、天日塩だけで漬けたこだわりの三年ものの梅干し 京都マクロビ認証です。旬の食卓便 
QRコード
調味料・発酵食品・ドレッシング・ソースなど > 漬物・発酵食品など > 無農薬・南高梅ー3年もの「こだわりの梅干し」(300g×2個)-梅漬け&紫蘇入り

無農薬・南高梅ー3年もの「こだわりの梅干し」(300g×2個)-梅漬け&紫蘇入り



無農薬栽培の南高梅だけを使い、ミネラル豊富な天日塩だけで漬ます。そして、夏の暑い土用丑の日の前後の三昼夜、暑い太陽と夜露にさらし続けた昔ながらの製法で作る昔ながらの梅干し。
アレルギー体質の方からも熱い信頼をいただく本場紀州産・中本農園の梅干しです。
 


無農薬・無化学肥料栽培(自然農法)ー梅干しの原点
本場紀州の完熟の南高梅を、天日塩だけで作る
こだわりの梅干


無農薬の南高梅の青梅・完熟梅で大人気の中本さんの梅干は、梅栽培以上にこだわっているかも知れません。
美味しい梅干は原材料の梅が命です。
中本さんが栽培している無農薬・無化学肥料栽培の完熟梅(自然落下した梅)は日本一の梅の産地紀州。その完熟梅を天然の天日塩だけで手作りした梅干し。
自然に落下するまで完熟させた紀州産・無農薬の梅で作った梅干は、中本さん以外の人が作るのはほとんど不可能です。

 
その理由

-完熟梅は柔らかくて配送途中で潰れてしまうために他へ運ぶことができません。
-扱いが大変なので他の方は完熟前に収穫してしまいます。
-無農薬・無化学肥料で栽培した本場の南高梅はほんの少量しかありません。
  

 


 


●こんなに素晴らしい梅を漬け込みます。

遅霜にも合わず、長雨や台風などの天候異変に合わない年は、このような素晴らしい梅になりますが、一昨年、昨年は天候の影響で黒点も出て色も薄かったですね。
自然のものは本当に難しいです。
毎年、同じ梅になることはほとんどありません。

でも、梅はそのまま食べる訳ではありません。
塩で漬けこんでしまったら見かけの悪さは関係ありません。梅が熟しているかどうかが味の決め手です。紀州産の南高梅は肉厚で香りが最高です。



しかし、農作物はその年の天候や環境の変化で大きく影響されます。良い年にはこのように感動を覚えるほど美しい梅になりますが、遅霜や長雨、干ばつ、台風などの雨と風に襲われるとそれは無残な形状になります。
しかし、梅本来の生命力には変わりありません。
農家さんは皆様の健康を保持するためにエネルギーをたっぷりと含む梅を栽培しています。外見だけでなく、梅栽培に取り組む農家のこだわりと志の高さ、そして梅が持つ素晴らしい生命力に目を向けてください。


 


●梅干しは最高の健康食品

肉厚の甘い南高梅のおいしさと酸っぱさは、昔ながらの梅干の味を思い出させてくれます。梅干は昔から日本の代表的な健康食品として知られています。
特に梅干し+醤油+生姜おろし汁+番茶で作る梅醤番茶は、心臓病、胃腸病。肝臓脾臓障害、血の道病(女性の病気)、冷え症、貧血、風邪、糖尿病、腎臓病、神経痛、リューマチ、関節炎、下痢、疲労、ガンなどに効果があると言われています。夏の熱い時に起こりやすい熱中症、夏バテ、疲労回復にはこの
梅醤番茶が最高です。

○熱中症―熱中症や日射病で具合の悪くなった人にこの梅醤番茶を服用させて安静に寝かせておくと1〜2時間で回復してきます。
○軽い下痢や二日酔いなどは驚くほどの速効性を表します。
しかし、そのためには、梅干しが昔ながらの塩だけで漬けた塩分濃度15%以上の梅干しであることが重要です。最近流行りの、蜂蜜漬けや鰹エキス入りなどの甘めの梅干しでは効果がありません。

●その理由
梅醤番茶のすばらしい卓効の理由は、血行の体内の新陳代謝を促進するからと言われています。
正式に作られた梅干しに含まれるナトリウム(梅干しの塩や醤油)は体内に吸収されると、赤血球のヘモグロビンを陽性にして空気中の酸素(陰性)とより多く結合するようになります。体内に酸素の供給量が多くなれば結構が盛んになり、新陳代謝を促進させます。
ですから、梅干しに含まれるナトリウムが重要な意味を持つのです。

●梅醤番茶の作り方
|罎らいの梅干しを1個、湯呑茶碗に入れて種は取り出します。練り梅でも大丈夫。
梅肉を良く突いて砕いてこねます。
醤油大さじ1と生姜おろし汁2滴を落とします。
でい番茶を茶碗に八分目ほど注ぎます。
イ茲かき混ぜて飲みます。

●飲む時ー空腹時
また、梅醤番茶は精神面にも効果を発揮します。無気力児童、日夜受験勉強に精を出している受験生、ストレスまみれのサラリーマンや管理職の方には是非お勧めです。
朝一杯のコーヒーよりも数倍の価値があると言われています。
               
         参考:身近な食物による手当て法 おばあちゃんの知恵  正食出版より       

 

 
●農薬散布や化成肥料を使わなくなった理由!

その理由は、昔、中本さんが農薬によるアレルギー症状が出たからです。
中本さんも以前は他の農家さんと同じように農薬を使っていました。
ところが10年ほど前、農薬散布をしていた時に突然アレルギー症状(ジンマシン)が出たのです。その年はすぐに治ったのですが、翌年もまた同じ症状が出始め、その年は農薬散布が終了してもアレルギー症状は治まらなかったのです。
その時に思ったのが

「健康に良い食べ物といわれている梅干や梅酒の原料の梅に、このように農薬を使って良いものだろうか」と云う素朴な疑問。
その後、ある先生と出会い、その方から農薬や化成肥料を使わなくてもきれいな梅が栽培できると云われたことをきっかけに、農薬使用をやめる決心をしました。そして、現在は適地適作で自然の循環機能を生かした土作りを心がけています。


 


 

自然と共生する中本梅農園の看板 梅を収穫中の中本夫妻


 

 
○肥料はほとんど施していません。
 

 以前は土壌菌を発酵させる米ぬかやかつお粕、コンブ粕、なたね粕等を使って施肥していましたが、今の畑は栄養過剰だとの指摘を受けて以来、ほとんど肥料は与えていません。木の状態をみながら米ぬかを少しづつ施肥しています。
 

 ○農薬散布は1998年5月、化学肥料は1993年以降施していません。
 
 
梅の木自身が元気になれば、病害虫にも強くなります。そうすれば、強い農薬を使わなくても天敵や土着菌、ニンニク、トウガラシのエキス等で防除できるのではないかと考えています。その代わり、ニンニクや唐辛子のエキスなどで作った漢方養剤を散布することで病原菌や虫を寄せ付けにないようにしています。
 


 



 農業は、土だらけ、草だらけの大変な仕事ですが、お日様の下での仕事、楽しい事も一杯あります。

生産者の中本誠さん
 


  
プラムのような完熟梅


 完熟するとこんなに真っ赤な梅になります。


●最高の3年ものの梅干しです。
 

梅干しは漬けたあと、半年後くらいから食べることができますが通常は1年後から召し上がります。でも、2年、3年と年月を経た梅干しの方が梅と塩のバランスが調和してさらに美味しくなります。そして、5年ものになると価格は1年ものの数倍にも跳ね上がるとか。
中本農園の梅干しはまろやかな旨みと酸味の3年・4年ものをご案内しています。

 

    赤い蓋の梅だけの白漬け梅干し  紫蘇なしの梅漬けです。
 黄色い蓋の赤紫蘇を入れた紫蘇入り    もちろん、赤紫蘇も無農薬栽培!

 

○塩にもこだわって作った梅干しです。
 

中国福建省に2千年前から伝わる広大な塩田に満潮時の海水を引き入れ、太陽と風で濃度を高め、最後は遠赤外線を出す陶器を敷き詰めた上で干し上げたものです。満潮になると深海にたまっていたミネラルやプランクトンが押し上げられて塩田に入る特殊な地形を利用していること、周囲が玄武岩などの石材が含まれる地層である事、最後に遠赤外線をを利用すりことで、二層三層にミネラルが強化され最終的には73種の元素が含まれる塩になります。これは決して人工的な数字ではありません。海水のミネラルバランスとほぼ同じ自然な組成の証です
中本さんの作る梅干しは、無農薬・無化学肥料栽培の南高梅に天然塩だけで作る昔ながらの梅干です。

塩分濃度は約15%です。梅の酸味とミネラル豊富な天日塩のバランスが最高です。
ミネラル豊富な塩は、一般的に市販されている塩に比べると塩化ナトリウムの量が半分以下です。ですから、塩分濃度15%の中本農園の梅干しは、市販されている塩分濃度7%程度の梅干しとほぼ同じ塩化ナトリウムの量ということになります。
減塩を気にされている方でも安心して召し上がれます。

 


○梅干の効果について
 

梅にはクエン酸とリンゴ酸が多く含まれています。このクエン酸は体内で様々な働きをします。たとえば、カルシウムはなかなか吸収されないミネラルですが、これがクエン酸と結びつくと吸収率が高まり、カルシウムが骨から溶け流れていくのを防ぐといわれています。梅を毎日食べると体内でのカルシウムの定着率が上がるのです。その他、血液中に乳酸がたまらないようにして、肩こりや腰痛をはじめとする、筋肉の疲労や痛みの予防に働くなど様々な効能があります。
一日1粒は食べたいものですね。
また、昔から言われるように、未熟な青梅には毒性がありますが、完熟した梅ならば大丈夫。でも、できるだけ梅干や梅酒、梅ジュースなどでお召し上がり下さい。

 
梅の効能 健胃、食欲不振、便秘・整腸、疲労回復、二日酔い、老化防止


 

紫蘇漬けのみをご希望の方はこちらをクリック

 梅漬けのみをご希望の方はこちらをクリック

使いやすくて便利なねり梅はこちらからどうぞ!

 

商品詳細
南高梅発祥の地として有名な和歌山県みなべ町で完全無農薬(自然農法)の梅を使い、昔ながらの製法で天日塩だけを使い天日干ししたこだわりの梅干し。塩がまろやかになり最高に美味しくなる3年物をお届けします。梅の生命力を感じる梅干しです。
SPEC


■品名       無農薬・南高梅ー3年もの「こだわりの梅干し」 梅漬け&紫蘇入り梅干し

■メーカー名    中本農園

■原材料     梅 天日塩 赤紫蘇

■内容量    梅漬け300g×1p 紫蘇入り300g×1p 

■価格     ¥4,300 (税・送料込み)一部地域は別途送料

■送料     北海道は300円、沖縄・離島は500円

■配送方法   常温配送

■保存方法   日の当らない涼しい場所で常温保存してください。

■開封後の賞味期限 
梅干しは腐る事はありませんが、長く保存すると水分が無くなり硬くなります。そうなる前の美味しい時に
お召し上がりください。


※不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

無農薬・南高梅ー3年もの「こだわりの梅干し」(300g×2個)-梅漬け&紫蘇入り

製造元 : 中本梅園
価格 : 4,301円(税抜き3,982円)
ポイント : 90
数量
 


この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません